2017年

4月

23日

【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第40回)

ハンディキャップがある方が暮らす、はんしん自立の家(宝塚)、第40回目の今日は「春の山」を描きました。


最初は冬の山をイメージしてオイルパステルで描き、次に絵の具で春の色を加えていきます。


皆さんの作品、今回も素晴らしいです!!

ぜひ画像を拡大してご覧ください。


進行は私、佐藤。

サブスタッフは、今村さん、小林さん、湯浅さんです。


集中して色をのせたり、参加者さんと臨床美術士が、和気あいあいと色や配置の相談をしたり…。


参加者さんも、職員さんも、私たち臨床美術士も笑顔いっぱいの時間でした。

ありがとうございました!

2017年

4月

15日

【募集】ココロひらくアート inりくり


【※この講座は満席になりました。ありがとうございます。2017/4/21】


臨床美術講座「ココロひらくアート」参加者募集のお知らせです。


願いを込めて、あなただけの土偶を作りましょう!

粘土を使い、手も心も感じるプログラムです。


2017年

5月13日(土) 10:30~11:45


プログラム「土偶」


対象:3歳以上のお子さま~大人まで


参加費:1500円

(りくりのドリンク付き・画材代込み)


場所:デイサービスりくり カフェスペース(尼崎・阪急塚口から徒歩4分)

http://www.rekure-web.com/


※要予約


お申し込みは、このホームページの

メニュー→お問合わせ

からご連絡ください。


残席わずかです。お待ちしております!


【※この講座は満席になりました。ありがとうございます。2017/4/21】

2017年

4月

08日

【レポート】りくり(塚口・第1回)

今日はりくり(尼崎塚口)での、第1回目の臨床美術講座。


あまぴっと(塚口)での講座が先月に終了し、りくりで再スタートさせていただきました。


新しい講座が始まる際は、このブログでお知らせする予定でしたが、お知らせせず、申し訳ございません。

講座が決まり、すぐに定員に達したため、掲載しませんでした。


さて、今日のプログラムは「色面とマチエール」。

色の重なりとマチエール(絵肌。絵の触り心地)を感じながら、オイルパステルで描くプログラムです。


子供から大人まで、それぞれに全然ちがう、素晴らしい作品ができました!

一番上の画像は、3歳のKちゃんの作品です。


鮮やかな色や、深みのある色、いきいきとした線…、私は春の息吹のように感じました。


最後になりましたが、会場のりくりのご紹介です。


RekuRe (りくり)

デイサービスを行われています。

とてもお洒落で、心地のいい空間!

カフェスペースには魅力的な本がたくさん置かれています!

ぜひホームページをご覧ください。

http://www.rekure-web.com/


また今日の様子をFacebookに載せてくださいました。


りくりのスタッフの皆様、利用者様、

講座参加者の皆様、

まことにありがとうございました!


次回も計画中です。

今後もよろしくお願いいたします!

2017年

3月

26日

【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第39回)

ハンディキャップのある方が暮らす、はんしん自立の家での臨床美術講座。

39回目の今日は「ガーベラの観察画」です。


ガーベラをよく観察して制作します。

虫眼鏡を使い、虫になった気持ちで大きく描きました!


よく見ると花のつくりに発見があったり、不思議とたくさんの色を感じたりできます。


うっかりしていて全員の作品を撮れなかったのですが、上の画像をぜひ拡大してご覧ください。


進行は臨床美術士の湯浅さん、サブは今村さん、小林さん、佐藤でした。


自立の家の皆さん、来月もよろしくお願いいたします!

2017年

3月

24日

エコールKOBE美術部成果展へ

先日、福祉事業型専攻科エコールKOBE の美術部成果展にうかがいました。 

新長田(神戸市)の海側の駒ヶ林、海を望む古民家が会場です。

こちらは美術部のアトリエで、高い天井の板には皆さんのペイントがあり、とてもいい雰囲気。

(下の画像をご覧くださいね)


作品も素敵でした。

景色や花、神戸市営地下鉄など、様々な作品からは、思い入れのあるモチーフに向かい、丁寧に筆を運んだ時間の集積のようなものを感じました。

そして、指導をされている中元先生を始め、ここに集う皆さんの持たれているものなのか、絵が掛けられたアトリエ全体に風通しのいい雰囲気を感じました。

今度、美術部の活動におじゃまさせていただく予定で楽しみにしています!

よろしくお願いいたします。


美術部の皆様、先生方、作品を見せていただき、ありがとうございました!


(以前、福祉事業型職業訓練校カレッジ・アンコラージュで臨床美術講座をさせていただきました。ブログはこちら)

2017年

3月

06日

【お知らせ】東灘区民センター小ホール

東灘区民センター小ホール(神戸魚崎)で開催中の臨床美術講座のお知らせです。


月一度、

土曜は河本みゆきさん

日曜は川本治さん


が主催されています。


以前、私もお二人の講座に参加しました。

お薦めです!


上のチラシ画像を拡大してご覧ください

お申し込みは、

東灘区民センター小ホールまで☆

2017年

3月

04日

【レポート】あまぴっと(塚口・第7回)

今日はあまぴっと(尼崎塚口)での第7回目の講座。

プログラムは「立体たまねぎ」です!

9名の方が参加してくださいました。


石からできた石膏粘土で形を作り、和紙で色付けします。


初めて参加された方も夢中になられたようです!

完成後には、作品の美しさ、面白さを鑑賞しました。


あまぴっとの閉店にともない、今回が最後になりましたが、塚口周辺での開講を検討中です。

またこのブログでお知らせしますね。


下の画像はお母さんと娘さん二人で参加してくださっている方々の作品。

それぞれに違い、素敵ですね!


参加された皆さま、あまぴっとのスタッフの皆さま、ありがとうございました!

2017年

2月

26日

【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第38回)

今日は、ハンディキャップのある方が暮らす「はんしん自立の家」での38回目の臨床美術講座でした。

レモンを描きましたよ。

メインの講師は今村さん。サブは湯浅さんと佐藤です。


色や香り、感触、数名の方は味も!レモンを五感で感じて、絵の具とオイルパステルで描きました。

皆さんの素敵な作品、ぜひ拡大してご覧ください。


レモンの爽やかな香りに包まれての制作、楽しかったです。

来月もよろしくお願いします!

2017年

2月

23日

【レポート】地域総合センター神崎(尼崎・第4回)

今日は地域総合センター神崎(尼崎)で4回目の臨床美術講座。

地域の方を中心に12名様が参加されました。

サブスタッフは臨床美術士の湯浅さんです。


プログラムは「春の山」。

机の上には、桃の花と、センターの方が用意してくださった梅の花を生けて、春の雰囲気を感じながら描きました。


故郷の淡路島の山を描いた方、まだ見ぬ富士山をファンタジックに描いた方、絵を描くのは初めてという方は水彩絵の具の良さを生かして描かれました!


皆さんの美しい山々!!

ぜひ拡大してご覧ください。


参加された皆様、センターの皆様、まことにありがとうございました!


またお会いできる日を楽しみにしています!

2017年

2月

09日

【募集】あまぴっと(塚口・第7回)

※この講座は満席となりました


あまぴっと(尼崎塚口)での臨床美術ワークショップ「ココロひらくアート」参加者募集のお知らせです!


プログラムは「立体玉ねぎ」。

粘土と透ける和紙を使い、立体の玉ねぎを作ります!

2017年

3月4日(土)10:30~11:40

参加費1,000円

子供~大人

(3歳以下のお子さんは親の付き添いをお願いします)

会場:あまぴっと(阪急塚口駅徒歩1分)

   下の地図の画像をご覧ください

お申し込みは、

○あまぴっと 電話 090-8380-6354

または、

○このホームページの「メニュー」→「お問合わせ」

に連絡ください。


残席わずかですのでお早めに。

……………


さて、あまぴっとは来月3月11日に閉店されます。

赤ちゃん連れのママが働く、他にはない素敵な場所。

温かでおおらかなこの場所が大好きだったので、とても残念です。

でも、店舗はなくなるものの、街中であまぴっとの活動は続けて行くということなので、新しい展開の始まりですね!


臨床美術ワークショップ「ココロひらくアート」。場所を変えて再開する場合はこのブログでご案内します。


仁保店長、スタッフの皆さま、まことにありがとうございました!

皆さまの新しい活動を楽しみにしています!


(最新10件のブログはこちら)

東灘区民センター小ホール(神戸魚崎)での「ココロひらくアート」。

第23回は「野菜の水彩クロッキー」で、ナスと玉ねぎを描きました。

最初、おおらかに野菜の形を塊として描きます。その後、濃くといた絵具を筆や割り箸ペンで、重ねていきます。

大胆な表現と繊細な表現が一緒にあるのが、このプログラムの魅力です。