2017年

10月

12日

【レポート】きずなの家 KaRuTa(宝塚)

【レポート】

今日はきずなの家KaRuTa(宝塚)で、ココロひらくアート講座(臨床美術)でした。3回連続講座の1回目。プログラムは「いろいろな線と色で遊ぼう」と「色面とマチエール」。


どちらも抽象表現を楽しむものです。

最初は私が描き方をお伝えするのですが、その後は自由に、その時にいいと感じたままに描いていきます。


同じ手順で描いていくのに、早い段階から、それぞれに違った絵になり、それがどんどん深まり、個性溢れる作品になります。


Nさんは、描くうちに、どうしても故郷の長崎が浮かび、偶然できた形を眼鏡橋にされました。


皆さん、本当に素敵な作品になりました。

参加された皆さん、KaRuTaそして宝塚NPOセンターの皆さん、ありがとうございました!


今後の予定は、

・11月9日(木)さつまいもの量感画(さつまいもを五感で感じオイルパステルで描きます)

・12月14日(木)雪の年賀状(様々な雪の景色に思いを馳せて年賀状を作ります)


時間:14:00~16:00

対象:4歳~大人

参加費:1000円(材料費込み)


予約は、さとうにメッセージか、

KaRuTa・宝塚NPOセンターまで。

宝塚NPOセンター TEL:0797-85-7766


連続講座ですが1回の参加も歓迎。

お待ちしています!

2017年

10月

01日

【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第45回)

今日は、ハンディキャップのある方が暮らす、はんしん自立の家での臨床美術講座。トートバッグに描きました。


自由な線を描き、ステンシルの版を作ります。そしてアクリル絵具で色づけ。


画材が多く、準備が大変なプログラムです。メインの講師は小林さん。こちらでは私含めて4人の仲間で、月替わりでメインの講師をしています。みんな熱心で、労力を惜しまないので、勉強になるし、心強い仲間です。


最後、参加者の皆さんが完成したトートバッグを車イスに下げて帰られて、その後ろ姿が良くて、思わずパチリ。

今日も皆さんと一緒に過ごせて幸せでした。

2017年

9月

28日

【参加者募集】塚口さんさんタウン(尼崎)

【参加者募集】

ココロひらくアート講座(臨床美術)、ミニ体験をします。

プログラムは「色面とマチエール」(上の画像)と、「いろいろな線と色で遊ぼう」(下の画像)。

初めての方でも、色の世界を楽しむことが出来る抽象画です。


あさって9月30日(土)。

13~15時の間、いつでも参加オッケー。

10~20分くらいで描きます。参加費300円。


塚口さんさんタウンの敬老まつりにて。

お祭りは11~16時。

音楽演奏(13~16時)やフリーマーケットなどがあります!

2017年

9月

27日

【参加者募集】きずなの家 KaRuTa

ワークショップのご案内


10月より宝塚にて、ココロひらくアート講座(臨床美術)を3回開催します!1回のみの参加も歓迎です。

JR、阪急宝塚駅から徒歩4分とアクセスのいい場所。美しい宝塚の街の散策を兼ねて、ぜひいらしてください!


2017年

○10月12日(木)14:00~16:00

「いろいろな線と色で遊ぼう」

描くうちに形と色の世界で夢中になれます。どなたでも楽しめる抽象画です。

作品はこちら


○11月9日(木)14:00~16:00

「さつまいもの量感画」

さつまいもを五感で感じながら、オイルパステルでじっくり描きます。

作品はこちら


○12月14日(木)14:00~16:00

「雪の年賀状」

様々な姿を見せる雪。思いを馳せながら絵の具で描き、年賀状を作ります。

作品はこちら


場所:きずなの家 KaRuTa(宝塚)

参加費:1回1,000円(材料費込み・ドリンク付き)

申し込み:このホームページの「お問い合わせ」ページか佐藤へ直接ご連絡ください。


きずなの家 KaRuTa 詳しくはこちら

https://m.facebook.com/zukanpo.karuta/

2017年

9月

13日

【レポート】さんだ子ども発達支援センター

今日は、さんだ子ども発達支援センターかるがも園(兵庫県三田市)での定期アート講座(臨床美術)にうかがいました。

プログラムは「ドローイングで描くピーマン」。


お二人の職員さんがご自宅から枝と葉のついたピーマンを持ってきてくださり、そこから収穫してから描く子も。


事前に集中が続きにくいと聞いていた子も50分、席を立たずに描きました!

みんなが描いたピーマン、パプリカは美味しそうで栄養がありそうな色です!


鑑賞の時間には一人ひとりの、満足そうな表情が見られて嬉しかったです。

2017年

9月

09日

【レポート】ココロひらくアート in あまぴっと(尼崎)

2017年

8月

30日

【レポート】カレッジ・アンコラージュ(神戸・第3回)

今日はカレッジ・アンコラージュ(神戸新長田)での3回目の臨床美術講座。立体かぼちゃを作りました。


かぼちゃの重さや色、香りを感じ、新聞紙をぐしゃぐしゃと丸め、腰のある和紙を柔らかくなるように揉み、のりをしっとりとつける。


五感で感じることがたくさんあるプログラムなので、いつのまにか子供の心に戻ります。

研修生も先生方も「楽しい!」「まだまだ作っていたい。」と言われていました。


次回は願いを込めて土偶を作りますよ!

皆さん、ありがとうございました!

2017年

8月

27日

【レポート】ココロひらくアート in あまぴっと(尼崎)

今日はココロひらくアート(臨床美術)。

「立体かぼちゃ」を作りました。


神戸、伊丹、高槻、そしてご近所から、立花の「まちの隠れ家」あまぴっとに足を運んでくださいました。

あまぴっとが掲載された新聞記事はこちら。


懐かしい雰囲気のあまぴっと。畳に座り、皆でかぼちゃを囲む制作は、いつにも増して、和気あいあいでした。


最初にふたつ作る!と宣言し素敵なペアのかぼちゃを作った子、子供のころに育てたかったおもちゃかぼちゃからイメージを広げた人…。

見たことのないオリジナリティー溢れるかぼちゃが誕生しましたよ!


参加された皆さん、あまぴっとの仁保さん、ありがとうございました!

人気の「立体かぼちゃ」。

もう一度あまぴっとで行います。

残席少しありますので、ぜひいらしてください!


要予約

9月9日(土)10:15~12:00

参加費(材料費込み):1500円(家族割1300円)

対象:4歳くらいから大人まで

講師:佐藤晴奈(アトリエすこし・臨床美術はんしん)

2017年

8月

11日

【レポート】エコールKOBE (神戸新長田・第1回)

福祉事業型専攻科エコールKOBE(神戸新長田)で臨床美術講座をしました。

プログラムは「立体かぼちゃ」。


2つの大きなかぼちゃを「重い!」「叩いた時の音がいい」「甘そうな色」とじっくり感じてから制作スタート。


二時間の授業の間、休憩を挟みましたが、席を立たれたのは一人だけ。

皆さんの手と、創作する心は止められません!

力溢れる、素晴らしいかぼちゃになりましたよ!

2017年

8月

05日

【レポート】サマーセミナー in Amagasaki

サマーセミナー in Amagasaki 1日目を終えました❗

私がセンセイをした「ココロひらくアート」に参加してくださったのは、7名様。

じっくり感じながら描いた作品は、みんなちがって、みんないい!!

月並みな言葉ですが、本当にそう感じます。

みなさんが持ってらっしゃる力に感激しました。

またセイトとしては、3限、4限の授業に参加。

感心したり、笑ったり、共感して涙が出そうになったり…、心がたくさん動きました。

あ~、サマーセミナーに参加して良かったと誘ってくれたTさんに感謝感謝です。

そして、参加されたみなさん、実行委員、ボランティアのみなさん、ありがとうございます‼

大声で言いたい気持ちです。

明日もよろしくお願いします。

2017年

7月

24日

【募集】みんなのサマーセミナー in 尼崎

みんなのサマーセミナー in 尼崎で授業「ココロひらくアート臨床美術」をします。

今、着々と、わくわくと準備をしています。


プログラムは「いろいろな線と色で遊ぼう」

どなたでも楽しめる抽象画です。

描くうちに色と形の世界で夢中になれますよ!


2017年8月5日(土)14:50~15:40

会場:尼崎双星高校 423教室

参加費:500円

持ち物:上靴かスリッパ

申込:要予約。当日でも空きがあれば参加可能。このホームページのメニューよりご連絡ください。

詳しい場所は、https://samasemi.jimdo.com/


会場の尼崎双星高校は、新しくて広々した気持ちのいいところ。

2日間で何百講座もある、面白いイベントです!

皆さんも生徒になりに来てください。

私も受けたい授業がいっぱいです!

2017年

7月

15日

【レポート】ココロひらくアート(塚口・第4回)

今日はりくり(尼崎塚口)で、ココロひらくアート(臨床美術講座)を行いました。


ナスをモチーフにしながらも、描くうちに、本物のナスにはない、それぞれの色が表れてきました。


参加された皆様、りくりのスタッフの皆様、ありがとうございました。


りくりでの講座は今回で終了となり、次回はあまぴっと(尼崎立花)での開催です。

実物大の立体かぼちゃを作ります。

ぜひいらしてください!


立体かぼちゃ in あまぴっと

2017年9月9日(土)10:15~12:00

詳しくはこちら

2017年

7月

13日

【募集】立体かぼちゃ in あまぴっと(尼崎)

実物大かぼちゃ、作ります❗

立花駅近く(尼崎市七松町)で再オープンした「あまぴっと」で、かぼちゃを作るワークショップをします!


9月9日(土)10:15~12:00

(8月27日(日)の回は満席になりました)


プログラム「立体かぼちゃ」

新聞で形作り、和紙で色をつけます。

手も心も楽しい、ダイナミックなプログラムです。


参加費:1500円(家族割1300円)

対象:4歳くらいから大人まで

講師:佐藤晴奈(アトリエすこし・臨床美術はんしん)


子供に戻って夢中になれますよ!


作品の画像は、過去のブログでご覧いただけます。

2017年

7月

04日

【お知らせ】コンサート(三田)

私が臨床美術講座でうかがっている、さんだ子ども発達支援センターからのお知らせです。

三田周辺にお住まいの方は、ぜひお友だちにもお知らせくださいね😃


ストラディヴァリウスを使用したチャリティーコンサートの第4回


チケット売上のすべては、「子ども発達支援センター・さんだ」で行っている障害のある子どもの民間福祉・療育活動に役立てられます。


今回は名器「ブース」(1716年製)を日本音楽財団より貸与された世界的ヴァイオリニストのアラベラ・美歩・シュタインバッハーの演奏で開催いたします。


日時      2017年7月18日(火)  開場18:00 開演18:30

場所      三田市総合文化センター 郷の音ホール 大ホール


入場料  一般 3,000円(当日3,500円)

学生 1,500円(当日2,000円)

     ※未就学児の入場はご遠慮ください。

2017年

7月

03日

【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第43回)

今日は、はんしん自立の家での臨床美術講座(宝塚・第43回)でした。

こちらはハンディキャップがある方が暮らす場所で、臨床美術の資格を持つ仲間4人で行っています。


プログラムは「清流を描く」。

清流の写真を見て、CDで川の流れの音を聞いて、会話して、イメージを広げてから描きます。


皆さんの作品、色の美しさに涙が出そうになりました。

2017年

7月

01日

【レポート】さんだ発達支援センター(三田・第4回)

さんだ子ども発達支援センターで臨床美術講座。

2~5歳の子どもたち、8名が「玉ねぎの量感画」を描きました。


モチーフの玉ねぎを、芯だけになるまで剥く子がいて、室内にいた皆、目が痛くなりました!

でも一番、痛かったのは本人。よく頑張りました!

剥くのが止められないのではなく、剥きたくてしていたようです。


最後には、芯になった玉ねぎを掲げ「これを作った!」と言いました。(絵も描きましたよ)


心身ともに刺激的な、楽しい時間でした!

2017年

7月

01日

【レポート】親の会でアート講座(伊丹)

今日は伊丹のアイ愛センターにて、障がいがある方とご家族の「親の会」で、臨床美術講座をしました。


参加されたのは2歳(!)から十代後半の子供たち、そして障がい者支援をする方々です。


皆さん、のびのびと描かれ、パワーとアイデアあふれる絵になっていきます。

色の美しい玉ねぎ、大きな大きな玉ねぎ、そして最後には、ねぎぼうずの花が咲き、玉ねぎ畑にした方もいました!


真剣に描きながらも、笑顔いっぱいのひとときで、私もたくさん笑いました。


参加された皆さん、親御さん、まことにありがとうございました!


(皆さんの作品を載せたいのですが、アプリの不具合で、名前をぼかす加工をした画像が載せられなくなりました。申し訳ありません!)

2017年

6月

22日

【レポート】ココロひらくアート in りくり(塚口・第3回)

今日はりくりさん(塚口のデイサービス)で「ココロひらくアート(臨床美術)」をしました。

プログラムは「ドローイングで描くピーマン」。

今日はドローイング(線による表現)ということで、鉛筆を早く走らせ、ピーマンの形をとらえました。

皆さんの素晴らしい作品に感激!

そして、りくりさんの利用者様も飛び入り参加してくださり、瑞々しく、美味しそうなピーマンを描かれました!


次回は「なすの量感画」

7月15日(土) 10:30~11:45

4才~大人

参加費1500円 家族割1300円

(材料費、りくりさんのドリンク付き)

2017年

6月

11日

【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第42回)

ハンディキャップのある方が暮らす、はんしん自立の家での臨床美術講座。年10回行っています。

今日は「なすの量感画」を描きました。


なすの深い色合い、独特の形を感じてから、オイルパステルで描きます。


上の画像はTさんの作品です。

優しく色を重ねた実。ギザギザとリズミカルに描いたヘタ。

周りに花の絵や和紙をちりばめ、華やかで可愛らしい絵になりました。


皆さん、なす独特の色をじっくりと見ながら、試行錯誤し、それぞれのなすを描きました。


みんなちがって、みんないい。

臨床美術って本当にそうだなと感じます。


そして今日はとても嬉しい事がありました。

こちらで臨床美術講座を始めて丸4年。毎回来られているIさんが、初めて自分からサインを書かれました。


臨床美術では、皆さんの作品に臨床美術士が手を加えることはしません。

でも I さんのサインだけは、手を添えて、お名前の頭文字「y」を書いていました。

今日はサインを書きましょうとお伝えすると、いつも一緒にしているように「y」を書かれました。

とても嬉しくて、涙が出そうになりました。

私たち臨床美術士がしている事が、皆さんにゆっくりと響いているのを感じました。


メイン講師は、今村さん。

サブは、湯浅さん、小林さん、佐藤でした。


自立の家の皆さん、職員の皆さん、ありがとうございました!

来月もお会い出来るのを楽しみにしています!

2017年

6月

04日

【レポート】はんしん自立の家(第41回・宝塚)

ハンディキャップがある方が生活する「はんしん自立の家」での臨床美術講座。

年10回行っています。

5月のプログラムは「きらめく星座・宇宙」!


最初に宇宙についての語り合い、イメージを広げます。

皆さんの深ーい宇宙、星がさまざまに動く宇宙、ハートの宇宙…。


ぜひ、メイン講師をした小林さんのブログでご覧ください!


サブスタッフは、今村さん、湯浅さん、溝田さん。

(私佐藤は欠席しました。残念。)


参加者の皆さん、自立の家のスタッフの皆さん、いつもありがとうございます!

東灘区民センター小ホール(神戸魚崎)での「ココロひらくアート」。

第23回は「野菜の水彩クロッキー」で、ナスと玉ねぎを描きました。

最初、おおらかに野菜の形を塊として描きます。その後、濃くといた絵具を筆や割り箸ペンで、重ねていきます。

大胆な表現と繊細な表現が一緒にあるのが、このプログラムの魅力です。