書き初め・香りを描く

大阪での臨床美術のイベントに参加し、久しぶりに臨床美術を受ける側になりました。

 

「書き初め」は、降らせた雪(背景の白色)の上に墨で創作の文字を書きます。

私は「羊毛」と書きました。

冬になり、羊毛フェルトでクッションを作ったり、

羊毛のセーターの暖かさを楽しんでいたからこの文字にしました。

 

「香りを描く」

白檀のような香りのエッセンシャルオイルが配られ、そこからイメージを広げます。

固いパステルを茶こしを使って粉にして描く方法に夢中になりました。

ほんのりと光が届く、立派で厳かなお寺のお堂をイメージしました。

 

臨床美術はやっぱり楽しいです!