臨床美術ワークショップ(神戸 魚崎)第11回 '14年10月

神戸の東灘区民センター小ホールでの11回目の「楽しい造形〈臨床美術〉」。

プログラムは秋にちなんで「さつまいもの量感画」です。以下、講師の湯浅さんのコメントです。

 

参加者の皆さまは楽しんで、初参加の方も集中して取り組んで下さいました。

実物よりも大きく、さつまいもらしい質感が丁寧に描かれています。また、和紙を思い思いに手でちぎったりハサミで切り構成する眼差しは真剣そのものでした。

さつまいもから連想されるイメージを面白く表現され素敵な作品が仕上がりました。

 

次回は 11月1日(土) 10-12時 「紙の絵皿(カミザラエザラ)」

皿に絵付けするようにアクリル絵具で描きます。

平面とは違った楽しさを感じる事ができる楽しいプログラムです。ぜひいらしてください!

 

今年の12月まで、湯浅さん、溝田さんの2人が講師を務め、1月からは佐藤がいたします。