臨床美術ワークショップ(神戸 魚崎)第13回 '14年12月

神戸の東灘区民センター小ホールでの13回目の「楽しい造形〈臨床美術〉」。

今年最後の講座は「雪の年賀状」。以下、講師の溝田さんのコメントです。


参加者の皆様は雪との思い出をお話しくださり、そのイメージを膨らませてアクリル絵具で雪を描かれました。

出来上がった雪の画用紙を、手でちぎったりはさみで切り取りはがきの上で構成していく様子は、まるでパズルを楽しまれているようです。

年賀状は、一年で一番初めの贈り物です。

お正月に届いたら、うっとりと眺めてしまいそうなほど、のびのびとした素敵な作品に仕上がりました。

是非、大切な方に送ってあげてくださいね。

9月から佐藤晴奈さんの代行講師をさせて頂き、お越しくださった方々には大変感謝いたしております。

本当にありがとうございました。

皆様、よい年をお迎えくださいね。 溝田礼子


次回の講座 詳しくはこちら

・1月31日(土) 10-12時 「描き初め」

 墨で創作文字を描きます。文字に対する先入観にとらわれず、甲骨文字などから受けるイメージを自由に広げます。

・2月21日(土) 10-12時 「野菜の水彩クロッキー」

  野菜から特徴のある形を発見して割箸ペンでと水彩絵具で描きます。

 繊細さと大胆さが混じりあった表現の面白さが感じられます。