地域総合センター神崎(尼崎)

今日は地域総合センター神崎(尼崎)で臨床美術講座をしました。夏に続き2回目の開催です。

プログラムは「さつまいもの量感画」。

親しみのある野菜ですが、よく見て、手で触れて、食べて、しっかり感じると、色や形の面白さなど、たくさんの発見や感動があります。 

感じる事が描く原動力になるのです。


さつまいもの特徴や雰囲気がよく表された作品、本物のさつまいもから離れた独特で美しい色合いの作品、ユニークな発想で背景の和紙を配置した作品、「みんなちがって、みんないい」そんな作品が生まれました!


センターに集う皆様の和やかな雰囲気の中で、私たち臨床美術士3人も楽しみました。

まことにありがとうございます!