おやこカフェ(あんしん24)

今日は尼崎の高齢者施設、喜楽苑あんしん24でのイベント「おやこカフェ」で臨床美術講座をさせていただきました。

こちらでは臨床美術のグループ「アートふるKOBE」が毎月講座を開いています。


プログラムは「色面とマチエール」。

具体的な形は描かず、色彩の重なりや、マチエール(絵肌)を作っていきます。


施設の利用者さんと近隣の方、お子さんたちの計8名で一緒に机を囲み、楽しく描かれました。

利用者さんがお子さんの表現の力強さやに驚いたり、お子さんが利用者さんの絵に「山みたい!」と感激したり、感動が響きあうようなひと時でした。

一人ではなく、周りの人と関わりながら創作をするのが臨床美術の魅力のひとつです。


春霞の向こうにある桜と空のような作品、深く澄んだ水のような色合いの作品、芽吹きを感じさせる作品…、皆さん、本当に素晴らしい絵になりました!

参加してくださった皆さん、喜楽苑さん、まことにありがとうございました!