花のスケッチ

ここ3年ほど、毎月1枚、身近にある花のスケッチを描いています。

今月はストック。寒さの厳しいころから咲いて、目を楽しませてくれました。

画材はペンと色鉛筆です。


菜の花の仲間で素朴な花だと思っていましたが、描き初めてみると印象が全く変わりました。

幾重も花びらが重なり、まるで牡丹やバラのよう。空気を抱いたような、ふくよかで華やかな花でした。


花でも景色でも、描くと真剣にそれに向き合うことになります。

興味がわいてきたり、一見しただけでは気づかない美しさが見えてきたりして楽しいです。


次回のココロひらくアート(東灘区民センター小ホール・神戸魚崎)は、野菜の水彩クロッキー。

いちごと春の野菜を描きます。

(野菜は、その時に手に入るものにします)

きっと、いちごとその野菜に親しみがわくと思います!お楽しみに!