花のスケッチ いちご

ここ3年ほど、月1枚描いている花のスケッチ。今月は可憐な姿、輝くような白さが美しいいちごの花。

画材はペンと色鉛筆で、色鉛筆は、紺色に近い青、濃いピンク、黄の3色のみを使用しました。

この描き方は、以前に色鉛筆や水彩絵の具でよくしていて、今回は久しぶりでした。

手近にあった紺色に近い青を使ったのですが、濃い空色(シアン)を使ったほうが、色が調和したと思います。反省…。


反省点はありますが、描いていて心地よかったですし、花の軽やかな姿、白さが出せて嬉しかったです。 


3色の掛け合わせで作った色は、色と紙の白さが画面の上でちらちらと瞬くようで、とても好きです。

下の拡大した画像をご覧ください。


さて、次回の「ココロひらくアート(神戸魚崎)」は「色面とマチエール」。

これは3色のみを使う描き方ではありませんが、色彩が重なる美しさ、楽しさをたっぷり感じられるプログラムです!


風薫る季節になりました。皆さん、良い日々を!