ココロひらくアート(神戸・第29回)

今日は年10回行う「ココロひらくアート」(神戸魚崎)の第29回目。


「きゅうりの量感画」を描きました。

まず、手のひらで量感(分量・塊)を、指の腹で表面の凹凸を感じ、見て、香って、味わって、きゅうりを五感で感じます。

そして、オイルパステルで描き表していきます。


スラッとしているようでいて、ねじれていたり、単調なようで様々な色の変化があったり、感じるほどに「これを描きたい」という発見があります。


力作揃いのきゅうり‼

ぜひ拡大してご覧ください。

(お2人の作品を撮りそびれました。申し訳ございません。)


参加された皆様、ありがとうございました。

次回の案内はトップページをご覧ください。