【レポート】いっくん応援イベント

今日は「いっくん応援イベント」で主に障がいがある方を対象にしたワークショップをしました。

イベントは希少難病FOPと闘う山本育美さん(いっくん)を応援するものです。


臨床美術士は佐藤と、共にはんしん自立の家での講座をしている、今村さん、小林さん、溝田さんです。


プログラムは「りんごの量感画」。

とても楽しい雰囲気、そして皆さん、夢中になられているようでした。


皆さんの素晴らしい作品、ぜひ拡大してご覧ください!

講演では、山本さんの生き方に心を打たれました。

苦難の中にいらっしゃりながら、ご自身の病気だけでなく、さまざまな難病の研究が進むよう、研究費を集める広報活動をされています。

前を向く力強さに、微力ですが力添えができたらと思います。


合唱、ハンドベル演奏では、素晴らしい音に包まれ、心洗われる思いでした。


ワークショップに参加してくださった皆さま、またお声かけくださった宝塚ワイズメンズクラブの皆さま、主催者の皆さま、まことにありがとうございました。