2016年の活動 1

今年もあと1週間ほどになりました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


2016年の活動のご報告です。


「はんしん自立の家(宝塚)」では、活動を始めて3年半、ほぼ毎月、臨床美術士4人で講座をさせていただいています。

石田所長はスタートした時から、私たちを信頼してくださり、そのお陰でプログラムの進め方、画材など様々に試みが出来、最近は特に参加者さんの制作の自由度が上がっている事を感じます。

毎月楽しみな、笑顔あふれる講座です。


「東灘区民センター小ホール(神戸)」では、3年続けた講座を残念ながら終了しました。

今年は毎月、定員以上のお申し込みをいただき、とてもありがたく思っています。

温かな参加者の皆さまのお陰で、私の大好きな場所になっていました。

(現在は、臨床美術士の河本みゆきさん、川本治さんの新講座が始まりましたので、ぜひお運びください。)


「あまぴっと(尼崎)」で新講座がスタートしました。

赤ちゃん連れのママが働くカフェです。店長の、にほさんを始め、おおらかでカッコいいママたちに見守られ、楽しい講座が出来ています。


「さんだ子ども発達支援センター(三田)」では、可愛い子どもたちに出会え、お子さんたちが持つ力に感激します。

また職員の皆さまとのお話しの中で、私自身たくさんの気づきがあり、大変勉強になります。


定期講座について書きましたが、他にもたくさんの新しい出会いと、親しんだ方からのご依頼をいただきました。

まことにありがとうございます。

(詳しくは次のブログに載せます)