【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第40回)

ハンディキャップがある方が暮らす、はんしん自立の家(宝塚)、第40回目の今日は「春の山」を描きました。


最初は冬の山をイメージしてオイルパステルで描き、次に絵の具で春の色を加えていきます。


皆さんの作品、今回も素晴らしいです!!

ぜひ画像を拡大してご覧ください。


進行は私、佐藤。

サブスタッフは、今村さん、小林さん、湯浅さんです。


集中して色をのせたり、参加者さんと臨床美術士が、和気あいあいと色や配置の相談をしたり…。


参加者さんも、職員さんも、私たち臨床美術士も笑顔いっぱいの時間でした。

ありがとうございました!