【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第49回)

今日は、はんしん自立の家(宝塚)でアート講座。

こちらは、ハンディキャップがある方が暮らす場所で、毎月伺っています。


プログラムは「鯉のぼりを描く」。

鯉のぼりの由来の話しをし、歌ってから制作開始です。歌では皆さん、嬉しそうで、メロディに合わせ、ゆったり手を振りながら歌う方も。


緩急のある水の流れのような柄の鯉のぼり、こちらを向いてにっこり笑っているような鯉のぼり、アマゾン川の魚のような力強い鯉のぼり!


講座をすると「アートっていいな!表現っていいな!」と嬉しくなります。


皆様、ありがとうございました!