【レポート】はんしん自立の家(宝塚・第50回)

今日は月一度のはんしん自立の家(宝塚)でのアート講座。

「粘土の版画」です。最初にホイップクリームのようなフワフワの粘土を手やスプーンで塗り広げます。

独特の感触が面白く、触れながら、満面の笑みを浮かべる方も。

次は絵の具。今日、使いたいと思う色を数色選びます。最後は紙に写し取り、枠をつけて完成。


自由度の高いプログラムで、どうしたらいいか分からなくなる方が出るかもと思ったのですが、さすが5年もアート講座を受けてくださっている皆さん、のびのびと自由に制作されました。


あー、楽しかった!

(こちらでは4人の仲間と一緒にうかがっていて、今日のメイン講師は湯浅さんでした)