【レポート】ココロひらくアート(尼崎立花)

アートワークショップ(あまぴっと・尼崎立花)。朝と昼の2クラスを開講し、プログラムの「梅雨のガラス絵」です。


朝は幼稚園年中〜小学6年生の子供たち6名様。


一色目に黒を選んだ女の子がいました。

そのお子さんは自分の想いをしっかり持っていて、まずは黒、そしてその後もじっくり色を選び、深みのある絵を描き上げました。


子供は小さいけれど、ちゃんとそれぞれの想いがあるのですよね。

それを尊重されるお母様方も素敵だなと思います。


昼のクラスは、大人2名様。

1枚ずつ写している写真が大人の作品です。


お一人は故郷の「長崎の雨」、石畳の色合い、石のかけ具合まで、丁寧に描かれました。手前のあじさいは雨に輝いているように見えます。


緑色がベースの絵を描かれた方は「色とりどりの雨を描きたかった」とのことで、雨粒がリズミカルに跳ねる、豊かな感じがします。


参加された皆さん、あまぴっとのにほさん、おかげさまで、こちらで毎月の講座をスタートできました!


これからよろしくお願いします☆

(お一人、少し早く帰られたため、作品を撮りそびれました。すみません(泣)


次回の講座、詳しくはこちら。