【レポート】あまぴっと(尼崎立花)

今日は、あまぴっとでの月に一度のアートワークショップ(尼崎立花)。

プログラムは「雪の年賀状」です。


最初に雪をイメージして、色画用紙に描きます。

抽象的な表現ですが、描き始めた途端、皆さまそれぞれに違う雪に。


長野のご実家の窓から見える朝焼けに染まった雪。

石川の海岸で出合った海に降る、怖いほどの雪。

お家の窓から見える川と雪。生まれ育った雪国で親しんだ雪。


雪を描いた後は、はさみで切って葉書に貼っていきます。


生物や宇宙を思わせる抽象的な形や、かわいい車、クリスマスツリーなど、皆さんが自由に広げるイメージに触れ、私は温かく楽しい気持ちになりました。


5歳のお子さんも集中し制作されて、素晴らしかったです!